早い時期に国際感覚を養う

English

小学校で英語の授業がありますが、それだけでは十分な力をつけることができないと言われています。国際感覚を養うためには、早い時期から外国語にふれることがその近道になりますが、学校の授業だけではどうしても十分ではありません。そこで、小学生向けの英会話教室で楽しく外国語に触れる経験を積み重ねていくことが大切です。例えば、始めは音楽を学んだり、簡単な単語を覚えます。そうすることで徐々に子供の感心を引き出し、少しずつ外国語にたいする抵抗を取り払っていくことができます。しかも、小学校低学年であるほど外国語に対する苦手意識がまだ芽生えていないので、スムーズに外国の言葉とふれあいながら自然な形で身につけていくことができるといいます。小学生向けの英会話クラスでは、日本人やネイティブの講師がすべて英語だけでレッスンをします。よって、レッスン中は一切日本語を話すことはありません。

基礎を学んで話せるようになる

先生

語学というのは、脳が柔らかいうちが最も吸収が早く、上達が早いと言われています。英語も例外ではなく、理想的なのは小学校に進学する以前から勉強を始めることが好ましいのです。特に、日英のバイリンガルを目指す場合、とにかく早くはじめることに越したことはありません。教育熱心な家庭では、子供をバイリンガルに育てるために、子供が就学する前に欧米圏へ移住し、そこでバイリンガルを身に着けさせます。しかし、そこまでできないという場合でも、国際化時代の今日においては、国内でも十分にバイリンガル教育ができるようになってきているのです。バイリンガルを目指す小学生向けの英会話教室では、基礎を学んで話せるようにすることを目指しています。脳が柔らかいうちは自然と英語を学べるといわれていますが、ある程度の文法学習は欠かすことができません。そこで、ネイティブ講師の指導のもとに英語学習を行い、リスニング、ライティング、そしてリーディングを強化する特別な授業を実施します。そのうえで、スピーキングの授業を行うことで、英語で考えて英語で話すという訓練を小学生のうちから実施します。この方法の有効性は言語学の研究でも評価されており、すでに確立された外国語の学習方法として認められています。歌って踊って楽しく学ぶというよりも、基礎をしっかりと教え込むことで考える力を伸ばし、結果的に自分の言葉で自分の考えを表現できるまでに指導します。